2010年08月03日

『けいおん!!』をはじめ、現在隆盛を極めるアニメーションと、その傍らに常に寄り添う音楽には強力なケミストリーが生まれている

CUT (カット)
□ 2010/07/17発売号



☆特集:アニメが愛した音楽、音楽が愛したアニメ
『けいおん!!』をはじめ、現在隆盛を極めるアニメーションと、その傍らに常に寄り添う音楽には強力なケミストリーが生まれている。CUTでは、キーパーソンたちへのディープなインタビュー&テキストを含む全42Pの総力特集で、現象的なヒットの背景を読み解く!!

・『けいおん!!』
アニメファンにとどまらず、熱狂的な支持を拡大し続ける『けいおん!!』。モンスターヒット作が見出した、アニメと音楽の蜜月とは? 音楽プロデューサーの小森茂生×作曲を手がけるTom-H@ck、監督の山田尚子、主人公・平沢唯を演じる声優の豊崎愛生らキーパーソンたちの言葉から、その背景を紐解く!

・『Angel Beats!』
『けいおん!!』と並び、アニメと音楽の奇跡的なケミストリーを象徴する『Angel Beats!』。原案、脚本から音楽面まで、本作のすべてを司る稀代のクリエイター・麻枝准が語り尽くす!

・水樹奈々
声優初のオリコンチャート1位獲得、ドームクラスの会場は即完売、さらに紅白出場と、声優という枠を超越した活躍を見せる水樹奈々。いま最も熱い注目を集めるシンガーの現在地に迫る!

その他のラインナップ
・石原真(NHK「MUSIC JAPAN」プロデューサー)
・CUTが選ぶ、新世代アニソン マストカタログ
・アニメが愛した音楽、音楽が愛したアニメ〜アナザー・ストーリー『ザ・シンプソンズ』
・特別付録:「『けいおん!!』特製バックステージパス」

●『踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!』
本誌3月号の世界最速特集に続き、今夏最大の話題作を追撃。公開直後の今だからこそ訊けるメインキャスト&プロデューサーへの直撃インタビューで、新たな『踊る』レジェンドを解明する!
・織田裕二
・深津絵里×ユースケ・サンタマリア
・亀山千広(プロデューサー)

●ミック・ジャガー『ストーンズ・イン・エグザイル』
ローリング・ストーンズの歴史的名盤『メイン・ストリートのならず者』の製作風景に密着したドキュメンタリー、『ストーンズ・イン・エグザイル〜「メイン・ストリートのならず者」の真実〜』。今年のカンヌでも話題をさらった本作の魅力に迫る!!

●渡辺謙
邦画界とハリウッドを自由に行き来し、唯一無二の存在感を放つ渡辺謙。10年前に訪れた俳優としての転機から、最新作『インセプション』への思いまで、余すところなく語り尽くす!

●アンジェリーナ・ジェリー
最新主演映画『ソルト』が待機中のアンジェリーナ・ジョリー。繊細な演技力を披露した前作『チェンジリング』から一転、アクション・サスペンス大作でCIA捜査官役に挑んだアンジーのタフネスに迫る!!

●ミーガン・フォックス
ディアブロ・コディ脚本の『ジェニファーズ・ボディ』で、悪魔に取り憑かれた女子高生役を熱演したミーガン・フォックス。2010年のアメリカを代表する、セックス・シンボルの現在地とは?

●MOVIE OF THE MONTH
『ヒックとドラゴン』
クリス・サンダース×ディーン・デュボア/ジェラルド・バトラー
ドリームワークスの最新作は、友情や家族の絆を真っ向から描いた感動作。本国アメリカでの圧倒的な支持を受け、いよいよ日本に上陸する傑作3Dアニメが生まれた背景に肉薄する!

●『インセプション』クリストファー・ノーラン

●『エアベンダー』M.ナイト・シャマラン

●ジョージ・クルーニー&ケヴィン・スペイシー

●ジェイデン・スミス

●錦戸亮×中村義洋

●山本寛

●ノースリーブス

●EXTRA CUTS
宮アあおいの日々のあわ
タナダユキ「パンとみそ汁」
浅野いにお「おざなり君」
タムくんの人生相談「きみのこと、ぼくのこと」
「今月の裏表紙」第27回:北村総一朗
WHAT’S UP CHIEF? 〜編集長通信〜

●今月の読者招待試写会
ジャン=ピエール・ジュネ監督最新作『ミックマック』
妻夫木聡主演最新作『悪人』

posted by cut at 14:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。