2010年12月14日

☆One plus One-今ふたりで話したいこと-......CUT (カット)□ 2010/11/19発売号

CUT (カット)
□ 2010/11/19発売号



☆One plus One-今ふたりで話したいこと-
俳優、ミュージシャン、映画監督、マンガ家――。2010年のエンターテインメント界を賑わせてきた5組のアーティストたちが集結。5組5様の貴重な対談を、たっぷりとご堪能あれ!

●岡田将生×大泉洋
現在放送中のドラマ『黄金の豚‐会計検査庁 特別調査課‐』に出演中の岡田将生&大泉洋。お互いの第一印象や意外な共通点、撮影現場でのエピソードまで――初共演にしてすでに阿吽の呼吸を見せるふたりに、和気藹々と語りあってもらいました!

●泉谷しげる×宮本浩次
ロックの最前線を走り続ける、泉谷しげるとエレファントカシマシの宮本浩次。初めての対談から20年余りの歳月を経て、今もお互いへのリスペクトを表明しあうふたりが熱く語る、必読の対談!

●栗山千明×三木聡
ドラマ『熱海の捜査官』で初めてのコラボレーションに臨んだ、栗山千明と三木聡。それぞれの役者論から音楽と芝居の違いまで、ディープに語り尽くす!

●花沢健吾×浅野いにお
『ボーイズ・オン・ザ・ラン』(花沢)、『ソラニン』(浅野)と、今年相次いで代表作が映画化された、気鋭の若手マンガ家ふたりが登場。互いの作家性や共通点、さらには知られざるプライベートまで赤裸々に語る!

●ロバート・ダウニー・Jr×ザック・ガリフィアナキス
全米を席巻した大ヒット・コメディ『ハングオーバー!』のトッド・フィリップス監督による新作『デュー・デート〜出産まであと5日! 史上最悪のアメリカ横断〜』。絶妙なコンビネーションで主演を務めたダウニー・Jr&ザックは、果たしてどんな友情を育んだのか?

★『ノルウェイの森』
・松山ケンイチ
・トラン・アン・ユン(監督)
・ジョニー・グリーンウッド(音楽)
村上春樹による80年代文学の金字塔が、待望の映画化。主演の松山ケンイチ、トラン・アン・ユン監督、さらに音楽を手掛けたジョニー・グリーンウッドに直撃、2010年に甦った『ノルウェイの森』を立体的に解明する!

★『ソーシャル・ネットワーク』
・デヴィッド・フィンチャー
・ジェシー・アイゼンバーグ
・アンドリュー・ガーフィールド×ジャスティン・ティンバーレイク
・アーロン・ソーキン(脚本家)
すでに21世紀を代表する1本との呼び声も高い『ソーシャル・ネットワーク』。来年1月の公開を前に、フィンチャー監督&キャスト陣のインタビューを最速奪取。どこよりも早く、この傑作が生まれた背景を読み解く。

●MOVIE OF THE MONTH
『キック・アス』
クロエ・グレース・モレッツ/マシュー・ヴォーン
颯爽と登場したヒーロー“キック・アス”は、特殊能力ゼロのヘタレ野郎だった!? まさかの全米初登場No.1を記録したスーパーヒーロームービーが日本上陸。注目の子役、クロエ・グレース・モレッツ&ヴォーン監督に直撃インタビュー!

●エマ・ワトソン
●ウディ・アレン
●中村蒼
●マイク・マイヤーズ×キャメロン・ディアス×アントニオ・バンデラス
●ミヒャエル・ハネケ
●ヒラリー・スワンク
●堤幸彦×安田顕
●志田未来×川口春奈

●EXTRA CUTS
宮アあおいの日々のあわ
タナダユキ「パンとみそ汁」
岡田将生「ジグソーパズルの日々」
浅野いにお「おざなり君」
タムくんの人生相談「きみのこと、ぼくのこと」
「今月の裏表紙」第31回:平泉成
WHAT’S UP CHIEF? 〜編集長通信〜

●今月の読者招待試写会
デヴィッド・フィンチャー監督最新作『ソーシャル・ネットワーク』
ベン・アフレック監督&主演のクライム・サスペンス『ザ・タウン』


posted by cut at 14:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。