2011年01月22日

2011年のエンターテインメントを揺るがすのは一体誰か!? 話題の新作映画を担うスターをはじめ、各ジャンルの注目株を一挙網羅した“2011年の顔”特集!

CUT (カット)
□ 2011/01/19発売号



☆特集:2011年を動かすのは彼らだ!
2011年のエンターテインメントを揺るがすのは一体誰か!? 話題の新作映画を担うスターをはじめ、各ジャンルの注目株を一挙網羅した“2011年の顔”特集! CUTならではの強力ラインナップ、2011年はここから始まる!

●ジョニー・デップ
アンジェリーナ・ジョリー共演の『ツーリスト』、さらに『パイレーツ・オブ・カリビアン』最新作と、ふたつの話題作が日本公開を控えるジョニー・デップ。文句なしで2011年の顔となるだろうジョニデの独占フォト&インタビューをお届けする!

●エマ・ワトソン
2011年7月、いよいよ大団円を迎える『ハリー・ポッター』シリーズ。すでに『PART1』で世界中を熱狂の渦に叩き込んだ最終章の完結を前に語られるエマの現在、そして思い描く未来像とは?

●櫻井翔
2010年もジャンルを問わず縦横無尽の活躍を繰り広げ、話題をかっさらった嵐・櫻井翔。主演映画『神様のカルテ』も控える彼に、2011年への思いを訊く!

●アンドリュー・ガーフィールド
『ソーシャル・ネットワーク』『わたしを離さないで』と、話題作への出演が続いているアンドリュー・ガーフィールド。新・スパイダーマンにも大抜擢され、ここ日本でもブレイク必至の注目株、その現在地を語る!

●高良健吾
メジャー/インディ、そしてジャンルを問わず数々の作品に出演し、若手俳優の中でも随一のポジションを獲得した高良健吾。邦画界を牽引するブライテスト・ホープに、新たな1年への覚悟を問う。

●豊崎愛生
『けいおん!』の平沢唯役に加え、声優ユニット・スフィアとしてもシングルをチャートのトップ10に送り込み、アニメ界を席巻する活躍を見せた豊崎愛生。とどまるところを知らない彼女の勢いと“いま”に迫る!

●THE BAWDIES
メジャーでの2ndアルバム『THERE’S NO TURNING BACK』のヒットで、一気にロック・シーンの中心へと躍り出たTHE BAWDIES。CUT初登場の彼らがいま、見据えるものとは――メンバー全員にその胸中を訊く。

●ブレイク・ライブリー
●品川ヒロシ
●瀬田なつき
●佐藤信介
●大森立嗣

★デヴィッド・フィンチャー 2万字インタビュー
CUTでも大プッシュを続けてきた『ソーシャル・ネットワーク』が日本公開されたデヴィッド・フィンチャー。常に先端を走り続けてきた映像作家の歩みを振り返る、超ロング・インタビューを独占奪取!

★『あしたのジョー』
ちばてつや
マンガ史に残る超名作コミックが実写映画化!! 矢吹丈=山下智久&力石徹=伊勢谷友介の熱演が話題を呼んでいる本作を、原作者のちばてつやはどう観たのか!?

★デヴィッド・リンチ
ミュージシャン=デヴィッド・リンチがついに本格デビュー! 天井知らずの創作意欲を誇る映画界の巨匠、音楽家としての自らを熱く語る。

★『洋菓子店コアンドル』
蒼井優×深川栄洋(監督)
一軒の洋菓子店を舞台に、スイーツに懸けるパティシエの生き様を描いた映画『洋菓子店コアンドル』。本作でパティシエ役に挑戦した蒼井優&深川栄洋監督の対談で、その魅力に迫る。

●MOVIE OF THE MONTH
『冷たい熱帯魚』
園子温
ヴェネチア映画祭でも喝采を浴びた園子温監督の最新作が到着! イマジネーションが暴走するこの異色ファミリー・ドラマに、園子温は何を託したのか!? その真意に迫る。

●仲里依紗×行定勲
●マイケル・ダグラス/オリバー・ストーン
●ベン・アフレック
●吉高由里子
●矢口真里×劇団ひとり
●SHANTI

●EXTRA CUTS
宮アあおいの日々のあわ
タナダユキ「パンとみそ汁」
岡田将生「ジグソーパズルの日々」
浅野いにお「おざなり君」
タムくんの人生相談「きみのこと、ぼくのこと」
「今月の裏表紙」第33回:柄本時生
WHAT’S UP CHIEF? 〜編集長通信〜

●今月の読者招待試写会
ウェス・アンダーソン監督のストップモーション・アニメ『ファンタスティックMr.FOX』
コーエン兄弟による名作西部劇のリメイク『トゥルー・グリット』
カズオ・イシグロ原作、若手注目俳優共演の感動作『わたしを離さないで』品川ヒロシ監督第2作『漫才ギャング』


posted by cut at 20:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月06日

現役80歳 クリント・イーストウッド......映画に捧げた55年、そして魂の67本

CUT (カット)
□ 2010/12/18発売号



現役80歳 クリント・イーストウッド
映画に捧げた55年、そして魂の67本
数々の傑作を生み出し、映画界をリードし続けてきた巨匠クリント・イーストウッド。80歳を迎えてもなお衰えることを知らない創作意欲を徹底追究する、映画ファン必見の総力特集!

●クリント・イーストウッド、80歳になる。
これまでのキャリアからプライベート、そして今こそ思い描く未来像まで、赤裸々に語り尽くしたインタビューでイーストウッドの歩みに迫る。

●イーストウッドが語る、イーストウッドの20本
西部劇、戦争大作、ハードボイルドな刑事ドラマからロマンス、ラブコメディまで――。映画人として随一のフィルモグラフィを誇るイーストウッドが、自身の代表作20本を振り返る!

●クリント・イーストウッド、魂の全67本フィルモグラフィ

●『ヒア アフター』最速インタビュー&クロス・レビュー
『インビクタス/負けざる者たち』に続き、再びマット・デイモンとタッグを組んだ最新作、『ヒア アフター』。イーストウッドの新章突入を宣言する本作に、現地で奪取した最速インタビュー&クロス・レビューで迫る。

●山田孝之
2010年、『乱暴と待機』『十三人の刺客』『闇金ウシジマくん』など、映画にドラマに抜群の存在感を見せ付けた山田孝之。俳優として確固たる地位を築いた彼の1年を総括する、決定版ロング・インタビュー!

●窪塚洋介
2010年、蜷川幸雄演出の舞台から、『東京島』『行きずりの街』などの映画まで、精力的な活動を繰り広げた窪塚洋介。完全復活を果たした彼の現在地、そして2011年への展望を大いに語る。

●クリスティーナ・アギレラ
『バーレスク』で映画初主演を飾ったクリスティーナ・アギレラ。来日した彼女を緊急捕獲、稀代のポップスターが自身の映画デビューについて熱く語り尽くす。

★『トロン:レガシー』
・ジェフ・ブリッジス
・ジョセフ・コジンスキー(監督)
・スティーヴン・リズバーガー(プロデューサー)
28年前、SFファンを熱狂させた『トロン』が帰ってきた! 最新テクノロジーを駆使した驚異の映像、ダフト・パンクによる音楽など、語るべきトピック満載の3D映画『トロン:レガシー』として日本上陸。徹底特集で本作の魅力を解明する。

★特集:『ブラック★ロックシューター』
・吉岡忍(監督)
・huke(原作)
・ryo(音楽)
・谷川流(脚本)
1枚のイラストからPV、フィギュア、ゲームへと展開し、旋風を巻き起こしたアニメ界の風雲児『ブラック★ロックシューター』。アニメ界を代表する本作のクリエイター陣が一挙集結、この注目のプロジェクトの内幕を語り倒す!

★特集:SOUNDTRACK REVOLUTION!
『ソーシャル・ネットワーク』×トレント・レズナー、『トロン:レガシー』×ダフト・パンク、『ノルウェイの森』×ジョニー・グリーンウッド――。2010年、観る者を震わせる傑作映画の傍らには、ロック/ポップ界のアーティストたちによる魅惑的なサントラがあった。トレント・レズナーへのインタビュー&名盤カタログで、その魅力を徹底検証する。

●MOVIE OF THE MONTH
『ウッドストックがやってくる!』
アン・リー/ディミトリ・マーティン&エミール・ハーシュ
ロック史に残る祝祭として今も語り継がれる、1969年8月のウッドストック・フェスティバル。同名のノンフィクション小説を下敷きにした本作で、名手アン・リーが描こうとしたものとは? キャストへのインタビューとともに、そのメッセージを解く。

●『シュレック フォーエバー』
●ケン・ローチ
●矢田亜希子

●EXTRA CUTS
宮アあおいの日々のあわ
タナダユキ「パンとみそ汁」
岡田将生「ジグソーパズルの日々」
浅野いにお「おざなり君」
タムくんの人生相談「きみのこと、ぼくのこと」
「今月の裏表紙」第32回:大杉漣
WHAT’S UP CHIEF? 〜編集長通信〜

●今月の読者招待試写会
「三池崇史監督presents大人の映画館」第2弾『冷たい熱帯魚』
クリント・イーストウッド監督最新作『ヒア アフター』
山下智久&伊勢谷友介主演で名作コミックを映画化『あしたのジョー』

posted by cut at 14:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。