2011年10月14日

BUMP OF CHICKENが求めるファンタジーはここから生まれた

CUT (カット)
□ 2011/09/17発売号



☆特集:BUMP OF CHICKENが求めるファンタジーはここから生まれた
バンプオブチキンが『FINAL FANTASY 零式』の主題歌として提供した“ゼロ”は、いかにして生まれたのか。そしてバンプがファイナルファンタジーから受け取った想い、託した想いとは何だったのか――。そのコラボレーションの背景を読み解き、バンプの現在地に迫る大特集!

★BUMP OF CHICKEN
書き下ろしの新曲“ゼロ”に、BUMP OF CHICKENの4人は何を託したのか――。メンバー全員で語り合う四者四様の「FF愛」、バンプとファイナルファンタジーをめぐる相関関係、さらにはバンドとしての現在地に徹底的に迫るロング・インタビューを敢行! バンドの空気感を閉じこめた大ボリュームの撮り下ろしフォトも必見!

★藤原基央×野村哲也
長年にわたりお互いへのリスペクトを表明してきたバンプ・藤原基央と、ファイナルファンタジーシリーズを象徴するキャラクターデザイナー・野村哲也の対談が実現! 念願のコラボレーションを結実させた両者の対話から、バンプのルーツとクリエイションの源を探る!

★特集:『スター・ウォーズ』
シリーズ全作品をコンプリートした、待望のブルーレイ版が発売された『スター・ウォーズ』。この巨大サーガは、なぜ21世紀のいまも観られ、語り継がれるのか――2012年からは順次3D映画も公開される『スター・ウォーズ』、その永遠なる魅力をいま一度検証する!

●宮アあおい×堺雅人
映画『ツレがうつになりまして。』で共演した宮アあおいと堺雅人が登場! 2008年の大河ドラマ『篤姫』以来、3年ぶりに夫婦役を演じたふたりが語る、お互いの魅力とは。

●ジェームズ・フランコ
『127時間』ではオスカーの主演男優賞にノミネート、さらにアカデミー賞授賞式の司会も務めるなど順調にキャリアを積み重ね、いまやハリウッドを代表する俳優へと成長を遂げたジェームズ・フランコ。主演最新作『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』の公開を機に、充実の現在地を語る。

●江口洋介
トレンディ俳優として一時代を築く一方、屈指の演技派としても飽くなき進化を続け、唯一無二の存在感を放ち続ける江口洋介。最新作のドラマ『パンドラV 革命前夜』で得た手ごたえ、そしてその独自の役者論まで、じっくりと訊く!

●『とある飛空士ヘの追憶』
神木隆之介/奥寺佐渡子(脚本)
『時をかける少女』『サマーウォーズ』などの傑作を連発してきたアニメーション・スタジオ、マッドハウス。彼らが「集大成」と位置づける長編アニメ最新作『とある飛空士への追憶』は、いかにして生まれたのか? 主演&脚本家のインタビューから、その背景を読み解く。

●MOVIE OF THE MONTH
『一命』
市川海老蔵×三池崇史
三池崇史が名作『切腹』をリメイク、史上初の3D時代劇、カンヌ映画祭に殴りこみをかけ、主演は歌舞伎界の雄、市川海老蔵――。語られるべきトピックを無数にはらんだ今秋の超注目作、『一命』とは何なのか。三池×海老蔵のガチンコ対談で、その全貌を暴く!

●『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』 ジョー・ジョンストン(監督)/クリス・エヴァンス/ヘイリー・アトウェル
●『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 ルパート・ワイアット(監督)/アンディ・サーキス
●『エンディングノート』 是枝裕和×砂田麻美

●行定勲×吉高由里子
●石井克人
●が〜まるちょば

●EXTRA CUTS
宮アあおいの日々のあわ
タナダユキ「パンとみそ汁」
岡田将生「ジグソーパズルの日々」
三池崇史のゲバチュー(現場の中心で、愛を叫ぶ)
「今月の裏表紙」第41回:石橋凌
WHAT’S UP CHIEF? 〜編集長通信〜

●今月の読者招待試写会
キャスト&スタッフが登場の完成披露試写会にご招待!『映画 怪物くん』
ダニエル・クレイグ×ハリソン・フォード共演の『カウボーイ&エイリアン』
ジョニー・デップがカメレオン役に扮するCGアニメの注目作『ランゴ』

posted by cut at 13:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。