2012年02月24日

誰も観てない映画50本!

CUT (カット)
□ 2012/02/18発売号



誰も観てない映画50本!『ダークナイト ライジング』VS.『アメイジング・スパイダーマン』
2012年はアメコミ・ヒーロー・イヤーだ! CUTでは、この夏いよいよ投下される2本のアメコミ大作をいち早くフィーチャー。世界中が待ち望んだ最終章にして、史上最凶の敵とバットマンが対峙する『ダークナイト ライジング』、そしてスタッフ&キャストを一新し、シリアスに生まれ変わった『アメイジング・スパイダーマン』。ともに極秘裏に進められた撮影現場への潜入レポートを独占入手! さらに、ブルース・ウェイン=クリスチャン・ベイル、ピーター・パーカー=アンドリュー・ガーフィールドの最新インタビューも!

さらに、
ジョニー・デップ×ティム・バートンの最新作『ダーク・シャドウ』
『ヘルタースケルター』 蜷川実花 インタビュー
『踊る大捜査線 THE FINAL』
『夢売るふたり』 西川美和 インタビュー
『おおかみこどもの雨と雪』 細田守 インタビュー
など、合計50本の最新情報をお届けします!

●伊勢谷友介
西島秀俊、森山未來ら芸達者が集結した映画『セイジ―陸の魚―』で、8年ぶりにメガホンをとった伊勢谷友介。俳優として、映画監督として、揺るがぬ表現者としての核と、映画への熱き想いを語る。

●クロエ・グレース・モレッツ
マーティン・スコセッシ、ティム・バートンなど巨匠たちの寵愛を一身に受ける15歳の実力派、クロエ・グレース・モレッツ。急浮上のきっかけとなった『キック・アス』から最新作『ヒューゴの不思議な発明』のこと、そして思い描く未来への展望を訊いた!

●ロバート・ダウニー・Jr.
待望の超大作『アベンジャーズ』の公開を控え、ますます勢いに乗るロバート・ダウニー・Jr.。同じく当たり役を勝ち取った『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』公開直前、ハリウッドの頂点に上り詰めようとする男が、独自の役者論を語る。

●シャーリーズ・セロン
ジェイソン・ライトマン監督最新作『ヤング≒アダルト』で、大人になりきれない身勝手なヒロインを好演したシャーリーズ・セロン。挑戦を怠ることなく、常に新たな女優像を模索してきた彼女が見据えるものとは?

★今観るから楽しめる『STAR WARS エピソード1/ファントム・メナス 3D』
ジョージ・ルーカス
『スター・ウォーズ』全作品の3D化、ついに本格始動! 第1弾『エピソード1/ファントム・メナス』の再公開を前に、ジョージ・ルーカスのインタビューを独占入手。新たに生まれ変わった『ファントム・メナス』の楽しみ方を、改めて伝授!

☆2012年アカデミー賞大予測!
懐古主義なのか、はたまた映画愛なのか――議論を呼んでいる2012年のアカデミー賞を徹底検証! 最新インタビュー+候補作品徹底レビュー+恒例の特派員対談をもとに、賞レースの行方を追う!
『ファミリー・ツリー』ジョージ・クルーニー/アレクサンダー・ペイン(監督)
『アーティスト』ジャン・デュジャルダン/ミシェル・アザナヴィシウス(監督)
『戦火の馬』スティーブン・スピルバーグ
『マリリン 7日間の恋』ミシェル・ウィリアムズ

●『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』 ヴィム・ヴェンダース
●『TIME/タイム』 アンドリュー・ニコル

●MOVIE OF THE MONTH
『SHAME-シェイム-』
マイケル・ファスベンダー/スティーヴ・マックイーン(監督)
生活のほぼすべてをセックスに注ぎ込む男が抱える空虚さと闇を、不穏かつ大胆に描き出してみせた話題作、『SHAME-シェイム-』。2012年最注目の実力派、マイケル・ファスベンダーと新鋭監督のスティーヴ・マックイーンに、本作に託した想いを問う。

●EXTRA CUTS
宮アあおいの日々のあわ
岡田将生「ジグソーパズルの日々」
三池崇史のゲバチュー(現場の中心で、愛を叫ぶ)
「今月の裏表紙」第46回:根岸季衣

●今月の読者招待試写会
三池崇史×妻夫木聡のトークショー付き試写会『愛と誠』
名作が3Dで甦る!『STAR WARS エピソード1/ファントム・メナス 3D』『タイタニック3D』

posted by cut at 20:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。