2008年07月17日

ベールを脱いだ男たち-----小栗旬・・・縦横無尽に躍動する彼が胸に秘める本音とは?   大野智-----変化の渦中で、彼は何を思うのか? その胸中に迫る!  他

 
CUT (カット)

□ 2008/07/19発売号



☆特集:ベールを脱いだ男たち
CUT8月号は、これまでのイメージを越えて、新たなステージへと向かう男たち=「ベールを脱いだ男たち」を大特集! 今、もっとも注目すべき4人の男たちが放つただならぬ輝きを、ここに目撃せよ!

●ベン・バーンズ
現在大ヒット公開中の『ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛』でカスピアン王子役に大抜擢されたイギリスの新星、ベン・バーンズが、ついに表紙初登場! 次回出演作の公開も控え、今まさに新たなステージへと向かいつつある“王子”の現在地に迫る!

●大野智
初個展&作品集『FREESTYLE』も成功を収め、今クールのドラマ『魔王』では初主演をつとめるなど、秘めていた才能を開花させつつある大野智。その変化の渦中で、彼は何を思うのか? その胸中に迫る!

●吉井和哉
吉井和哉、登場! 4枚のソロ・アルバムを出した今だからこそ、これまでのソロ活動の全貌をあらためて赤裸々に語る! なぜソロとしてのキャリアを“YOSHII LOVINSON”としてスタートさせたのか、そして今、“吉井和哉”として活動する彼が見つめるものとは?

●小栗旬
大人気シリーズ『花より男子』などでいまや国民的人気を獲得した小栗旬。続編が決定した映画『クローズZEROU』、来年3月に控える舞台『ムサシ』など、縦横無尽に躍動する彼が胸に秘める本音とは?

●新垣結衣
2007年、「時代の象徴」と言えるほどの大活躍を見せた新垣結衣。20歳を迎え、初の社会人役を演じるドラマ『コード・ブルー(〜ドクターヘリ緊急特命〜)』、ニュー・シングル『Make My day』をリリースする今、その現在地に迫る!

●加瀬亮×岡田将生
来年3月に公開を控えた、伊坂幸太郎の人気同名小説の映画化『重力ピエロ』で、兄弟を演じる加瀬亮と岡田将生。日本映画界に欠かせないオールラウンド俳優として、若手注目株の筆頭として、それぞれが語る本作への思いとは?

●押井守
アニメとしては『イノセンス』以来4年半ぶり、大きな変化を感じさせる意欲作『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』の裏側で、押井守にどんな変化があったのか? “押井守第2章”の始まりを赤裸々に語る、ロング・インタビュー!

●楳図かずお×山口雄大
●サタケミキオ

●キャメロン・ディアス
約2年のブランクを経て、最新出演作であるロマコメ『ベガスの恋に勝つルール』でも変わらぬチャーミングさを披露するキャメロン・ディアス。いつもマイペースに輝きつづける彼女の現在地に迫る!

●『ダークナイト』
この夏の大本命! クリストファー・ノーラン監督によるバットマン・シリーズ第2作『ダークナイト』。故ヒース・レジャーの遺作としても注目される本作の魅力を、ノーラン監督、主演のクリスチャン・ベールへのインタビューを併せ、徹底解剖する!

●『カンフー・パンダ』
本国アメリカではすでに大ヒットを飛ばしている、「パンダがカンフーする」ダメなパンダの成長物語『カンフー・パンダ』。公開目前、CUTではこのメタボパンダそっくり(!?)の、主演ジャック・ブラックの熱い肉声をお届けします!

●エドワード・ノートン
●M.ナイト・シャマラン

●aiko
デビュー10周年というアニバーサリー・イヤーを迎えているaiko。現在大ヒット中の映画『花より男子ファイナル』の挿入歌でもある24枚目のシングル『KissHug』に込められた、彼女の“今”の思いとは?

●RIP SLYME
RIP SLYMEが放つ新曲“太陽とビキニ”は、シンプルで歌えるサーフ・チューン。メンバー全員インタビューで、『FUNFAIR』ツアーから大きく変わり始めたリップの「新章」に迫る!


他・・・

 


posted by cut at 04:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。