2015年08月21日

TEAM NACSはなぜ終わらないのか?

CUT (カット) 2015年9月号 (2015年08月19日発売) の目次

TEAM NACSはなぜ終わらないのか?

3年ぶり、15回目の本公演『悪童』をスタートさせたTEAM NACSに徹底密着!
稽古場レポートから、メンバー全員による闇鍋インタビュー、公演スタート直後の個別ロングインタビューと盛りだくさんの内容でTEAM NACSのこれまでとこれからに迫る全32ページの大特集!

向井理×綾野剛
同い年で、プライベートでも交流のあるふたりが、ライバルであり、唯一無二のバディでもある神御蔵と蘇我を演じてきた『S-最後の警官-』。 お互いに緊張感を保ちながら挑んだ劇場版で培った、ふたりのさらなる絆に迫る

宮藤官九郎×勝地涼
宮藤官九郎がプロデュースし、「勝 勝次郎」名義でCDデビューを果たした勝地涼。勝地への事前アンケートをもとに、ふたりのこれからに迫る爆笑対談をお届け!

OLDCODEX
ヴォーカル・Ta_2とペインター・YORKE.の異なる才能を融合させたロックバンド、OLDCODEX
2月には初めて武道館のステージに立ち、その後も過去最長のツアーを成功させた彼らに、ロングインタビューとライブレポートで迫る!

『劇場版 弱虫ペダル』
渡辺航(原作者)/山下大輝
コミックからテレビシリーズを経て、この夏、オリジナル劇場版が公開される『弱虫ペダル』。
原作から変わらないもの、そして今回の劇場版の熱い魅力に迫る

May’n
三ヶ月の活動休止からの復帰となる、10周年記念ライブを控えたMay’n。
同時に発売される自身初のベストアルバム『POWER OF VOICE』に込めた、音楽への想いを語る

園子温×染谷将太×マキタスポーツ
突き抜けた童貞力で話題をさらったテレビドラマ『みんな!エスパーだよ!』が映画になって帰ってきた!

超特急
“メインダンサー&バックボーカル”という異色の構成で躍進する超特急。
非アイドルを掲げてそれぞれの個性を放つ7人の素顔とは

舞台『弱虫ペダル』
廣瀬智紀×北村諒/西田シャトナー
大人気マンガ『弱虫ペダル』を演出家・西田シャトナーの手によって舞台化した『弱虫ペダル』。
圧倒的な熱量で2.5次元文化に激震を与えた本作はいかにして生まれたのか、次回作も含め聞いた

HOT TOYS’HOT STUFF VOL.21

MOVIE OF THE MONTH『キングスマン』
マシュー・ヴォーン(監督)/コリン・ファース
表向きは高級テーラー、しかしその実体は世界最強のスパイ組織「キングスマン」!
ぶっ飛んだアクション炸裂の本作はいかにして作られたのか? 監督と主演に聞く

MOVIE OF THE MONTH『ナイトクローラー』
ジェイク・ギレンホール/ダン・ギルロイ(監督)
誰よりも早く事件・事故現場に駆けつけて被害者にカメラを向ける報道専門のパパラッチ“ナイトクローラー”をジェイク・ギレンホールが怪演した傑作に迫る

新連載
今月のバズマン。〜BUZZ OF THE MONTH〜 第1回:石井杏奈

その他の記事/テキスト
HEADLINE『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』/MOVIE:『ヴィンセントが教えてくれたこと』ビル・マーレイ/ MOVIE:『EDEN/エデン』フェリックス・ド・ジヴリ/MOVIE:『私たちのハァハァ』松居大悟/ MUSIC:妖精帝國

連載
三池崇史のゲバチュー PART2(現場の中心で、愛を叫ぶ PART2)/ FILM REVIEW/映画コラム『小さなスクリーンの中で生きていたい』山田ルキ子/RANDOM CUTS/BACK NUMBER/「今月の裏表紙」 第88 回:笹野高史/編集部通信
posted by cut at 16:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。