2015年08月21日

TEAM NACSはなぜ終わらないのか?

CUT (カット) 2015年9月号 (2015年08月19日発売) の目次

TEAM NACSはなぜ終わらないのか?

3年ぶり、15回目の本公演『悪童』をスタートさせたTEAM NACSに徹底密着!
稽古場レポートから、メンバー全員による闇鍋インタビュー、公演スタート直後の個別ロングインタビューと盛りだくさんの内容でTEAM NACSのこれまでとこれからに迫る全32ページの大特集!

向井理×綾野剛
同い年で、プライベートでも交流のあるふたりが、ライバルであり、唯一無二のバディでもある神御蔵と蘇我を演じてきた『S-最後の警官-』。 お互いに緊張感を保ちながら挑んだ劇場版で培った、ふたりのさらなる絆に迫る

宮藤官九郎×勝地涼
宮藤官九郎がプロデュースし、「勝 勝次郎」名義でCDデビューを果たした勝地涼。勝地への事前アンケートをもとに、ふたりのこれからに迫る爆笑対談をお届け!

OLDCODEX
ヴォーカル・Ta_2とペインター・YORKE.の異なる才能を融合させたロックバンド、OLDCODEX
2月には初めて武道館のステージに立ち、その後も過去最長のツアーを成功させた彼らに、ロングインタビューとライブレポートで迫る!

『劇場版 弱虫ペダル』
渡辺航(原作者)/山下大輝
コミックからテレビシリーズを経て、この夏、オリジナル劇場版が公開される『弱虫ペダル』。
原作から変わらないもの、そして今回の劇場版の熱い魅力に迫る

May’n
三ヶ月の活動休止からの復帰となる、10周年記念ライブを控えたMay’n。
同時に発売される自身初のベストアルバム『POWER OF VOICE』に込めた、音楽への想いを語る

園子温×染谷将太×マキタスポーツ
突き抜けた童貞力で話題をさらったテレビドラマ『みんな!エスパーだよ!』が映画になって帰ってきた!

超特急
“メインダンサー&バックボーカル”という異色の構成で躍進する超特急。
非アイドルを掲げてそれぞれの個性を放つ7人の素顔とは

舞台『弱虫ペダル』
廣瀬智紀×北村諒/西田シャトナー
大人気マンガ『弱虫ペダル』を演出家・西田シャトナーの手によって舞台化した『弱虫ペダル』。
圧倒的な熱量で2.5次元文化に激震を与えた本作はいかにして生まれたのか、次回作も含め聞いた

HOT TOYS’HOT STUFF VOL.21

MOVIE OF THE MONTH『キングスマン』
マシュー・ヴォーン(監督)/コリン・ファース
表向きは高級テーラー、しかしその実体は世界最強のスパイ組織「キングスマン」!
ぶっ飛んだアクション炸裂の本作はいかにして作られたのか? 監督と主演に聞く

MOVIE OF THE MONTH『ナイトクローラー』
ジェイク・ギレンホール/ダン・ギルロイ(監督)
誰よりも早く事件・事故現場に駆けつけて被害者にカメラを向ける報道専門のパパラッチ“ナイトクローラー”をジェイク・ギレンホールが怪演した傑作に迫る

新連載
今月のバズマン。〜BUZZ OF THE MONTH〜 第1回:石井杏奈

その他の記事/テキスト
HEADLINE『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』/MOVIE:『ヴィンセントが教えてくれたこと』ビル・マーレイ/ MOVIE:『EDEN/エデン』フェリックス・ド・ジヴリ/MOVIE:『私たちのハァハァ』松居大悟/ MUSIC:妖精帝國

連載
三池崇史のゲバチュー PART2(現場の中心で、愛を叫ぶ PART2)/ FILM REVIEW/映画コラム『小さなスクリーンの中で生きていたい』山田ルキ子/RANDOM CUTS/BACK NUMBER/「今月の裏表紙」 第88 回:笹野高史/編集部通信
posted by cut at 16:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月22日

堺雅人の中に棲む「古美門研介」と「半沢直樹」

CUT (カット) 2013年12月号
(2013年11月19日発売) の目次


CUT最新号の表紙は堺雅人! 記録的な大ヒットドラマとなった『半沢直樹』が終了し、続いて『リーガルハイ』のシーズン2が放映中のこのタイミングに、「堺雅人の中に棲む『古美門研介』と『半沢直樹』」というテーマで、がっちり特集を組みました。ロング・インタビューで堺雅人本人の知られざる素顔に迫るほか、『リーガルハイ』は脚本の古沢良太、『半沢直樹』は演出の福澤克雄に「なぜこんなに面白いのか」を訊きまくるインタビューも。さらに編集部による、それぞれの面白さを解析する「7つのポイント」テキストや、堺雅人が演じてきた10人を振り返るレビューも。特集外は、クリストファー・ノーランが『バットマン』三部作を語る画期的インタビューや、『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語』2号連続特集の後編、『かぐや姫の物語』、松田龍平など。

007 HEADLINE
『ドン・ジョン』/リヴァー・フェニックス/ウォリス・アネンバーグ・センター・フォー・ザ・パフォーミング・アーツ

堺雅人の中に棲む「古美門研介」と「半沢直樹」
『リーガルハイ』と『半沢直樹』が教えてくれる「勝ち」の快感、全解剖!
・堺雅人インタビュー
「実は似てるんですよね、半沢と古美門って。どっちも共感しますし、どっちも他人事です」――その知られざる素顔に迫るインタビュー!
・テキスト:『リーガルハイ』の破天荒な面白さの7つの「解析しどころ」
・古沢良太(『リーガルハイ』脚本)インタビュー
・テキスト:『半沢直樹』の大成功を必然にした7つの「すぐれどころ」
・福澤克雄(『半沢直樹』演出)インタビュー
・テキスト:堺雅人が演じてきた名キャラクター10選

☆特集:ノーランとバットマン三部作は、ハリウッドの何を変えたのか
創造性と商業性を兼ね備えた作品を連発し、いまもっとも新作が待望されている映像作家=クリストファー・ノーランは、『バットマン』とどう向き合ったのか? 00年代以降のハリウッドを象徴する「トリロジー」を自ら振り返った、決定版ロング・インタビューをお届けします!

○『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語』
2号連続特集、後編! 新房昭之インタビュー
幸福であると同時に破壊的な[新編]に総監督はどんな思いを込めたのか?を徹底検証!

○『かぐや姫の物語』
高畑勲監督14年ぶりの作品にして、圧倒的な日本のアニメの「到達点」である『かぐや姫の物語』は、いかにして生まれたのか? 西村義明プロデューサーが、その長く険しい道のりを赤裸々に語る

○『夢と狂気の王国』
スタジオジブリはいかにして夢を生み出し続けてきたのか? 宮崎駿監督、高畑勲監督、鈴木敏夫プロデューサーの日々に密着することで見えたジブリのリアルを監督・砂田麻美が語る

○松田龍平
『まほろ駅前』『探偵はBARにいる』シリーズ、『あまちゃん』そして『麦子さんと』――さまざまな意味でエポックだった2013年を語る

○エマ・ワトソン
あの優等生ハーマイオニーが、『ブリングリング』で演じたのはセレブ狙いの窃盗団!? 念願のソフィア・コッポラとのコラボレーションで見せた女優魂

☆MOVIE OF THE MONTH 『ゼロ・グラビティ』
アルフォンソ・キュアロン(監督)/サンドラ・ブロック インタビュー
観るものを無重力空間に投げ出す新感覚「3D」で全世界を席巻中! この画期的な映像はいかにして作られたのか

○有村架純
『あまちゃん』『スターマン・この星の恋』をはじめ、注目作品への出演が相次ぐ有村架純。今後の飛躍がますます楽しみな20歳が語る、女優としての覚悟と未来像

○『かなたの子』
子供を殺してしまった後、人はどう生きるのか? 痛く、重く、そしてリアルな角田光代原作の短編小説集をドラマ化した『かなたの子』。主演・坂井真紀と監督・大森立嗣にそれぞれの新たな挑戦を訊く

○横山健
全国で限定上映中のドキュメンタリーフィルム『横山健‐疾風勁草編‐』。ハイ・スタンダード結成前から変わらないひとりの表現者・横山健のリアルな姿に迫る!

その他インタビュー
『悪の法則』 リドリー・スコット(監督)/ハビエル・バルデム
『キャプテン・フィリップス』ポール・グリーングラス(監督)
『わたしの名前は…』アニエス・ベー(監督)
VANIRU
『ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE』 劇団ひとり×おぎやはぎ
「今月の裏表紙」 第67回:古舘寛治

連載:三池崇史のゲバチュー PART2(現場の中心で、愛を叫ぶ PART2)
連載:映画コラム・第8回『小さなスクリーンの中で生きていたい』山田ルキ子
posted by cut at 16:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。